PR

【Jリーグチームユニフォーム紹介】2024シーズンのJリーグ全60チームのユニフォームを一挙紹介!!!

スポンサーリンク

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

Jリーグについて
記事内に広告が含まれています。

*本ページはプロモーションが含まれています

こちらの記事は、2024シーズンJリーグ全チームのユニフォームを簡単に紹介・まとめた記事です。

Jリーグ全60チームのユニフォームをまとめてみたい方は是非ご覧ください。

2024シーズンのカテゴリー別(J1~J3)で紹介しています。

スポンサーリンク

J1

コンサドーレ札幌

コンサドーレ札幌公式サイト

【サプライヤー】

  • ミズノ

【デザインコンセプト】

  • 北海道をモチーフとして1年間戦っていく三部作を作りました。
    ユニフォームデザイナーとしても、星を付ける覚悟を持って、1年間共に戦っていくという決意表明となります。
  • 1stユニフォームは基本の赤黒縦縞をベースに細いピンストライプを組合せ、ピッチ上での見え方と近くで見たときの違いを作り、赤黒縦縞の新たな可能性をさぐりました。
  • 2ndユニフォームのテーマは、北海道の深い森と札幌の街並みです。
    碁盤の目のような札幌中心部の街並みは、上空から見たときにも独特のかたちをしています。この街並みをデザインに落とし込みたいと考えました。
  • 3rdユニフォームは昨年のデザインを踏襲していますが、
    今シーズンは北海道コンサドーレ札幌と取り組みを行っている「北海道シマフクロウの会」から写真を提供していただきました。

価格:13,750円(送料無料)

鹿島アントラーズ

鹿島アントラーズ公式サイト

【サプライヤー】

  • ナイキ

【デザインコンセプト】

  • クラブの歴代のユニフォームと象徴的なカラーを基調とし、Nike独自のデジタルという新しいフィルターを通して現代風(モダン)にアレンジしたグローバルクリエイティブデザインを採用。
  • 2014年(10年前)に採用されたチェック柄のユニフォームからインスピレーションを得て、そこにデジタルのフィルターをかけクローズアップしたチェック柄を大胆に表現。グラフィックの細かさを際立たせるために、小さいドットを使用。さらに、規則的な正方形のチェック柄ではなく、あえて歪みを加えることで動きのある独特なチェック柄を生み出した。
    今回用いるシャツからソックスまでのカラーコンビネーションを初めて採用したのもちょうど10年前の2014年となります。

浦和レッズ

浦和レッズ公式サイト

【サプライヤー】

  • ナイキ

【デザインコンセプト】

  • クラブの歴代のユニフォームやホームスタジアムの雰囲気からインスピレーションを得たデザイン。象徴的なデザインやカラーを基調とし、NIKE独自の新しいデジタルのフィルターを通じ、モダンにアレンジされたグローバル クリエイティブ デザインを表現。
  • 1stユニフォームでは、伝統の赤/白/黒のカラーコンビネーションを継承。
  • 10年前にあたる2014年に採用されたユニフォームのグラフィックを彷彿させるグローバルクリエイティブデザインが採用された。
  • スタジアムに木魂(こだま)するファン・サポーターの途切れない熱い声援、そして鳴り響く拍手、揺れる応援フラッグやタオルマフラー。それら全てがスタジアムを包み込み生み出す空気の流れや動きからヒントを得て、デジタルのフィルターを通じダイナミックに表現したデザインになっている。クラブカラーの赤を基調とし、そこにランダムに散りばめられた黒のインクが独創的な世界観を演出。

価格:10,890円(送料無料)

柏レイソル

柏レイソル公式サイト

【サプライヤー】

  • ヨネックス

【デザインコンセプト】

???

FC東京

FC東京公式サイト

【サプライヤー】

  • ニューバランス

【デザインコンセプト】

  • 新エンブレムにて2024シーズンを迎えるFC東京の新ユニフォームは、クラブのシンボルでもある青と赤のストライプをグラデーションで表現しながら、襟・袖・裾部に「アシンメトリー」のパターンを採用した東京らしいスタイリッシュなイメージに仕上がっています。さらに、ユニフォームのベースには、24シーズンのニューバランスフットボールのアイコンでもある“メガスピード”をモノグラムとして表現しています。
  • オーセンティックは、1st、2ndともに首下の裏側には”You’ll Never Walk Alone”を昇華プリントし、ストレッチジャガードメッシュと吸汗速乾性の高いNB DRY搭載で1試合を通してゲームに集中できる快適な仕様になっています。

価格:13,090円(送料無料)

東京ヴェルディ

東京ヴェルディ公式サイト

【サプライヤー】

  • ATHLETA

【デザインコンセプト】

■1stデザイン

テーマ:V PROGRESS

  • ヴェルディの誇りと勝利への執念を連続するVで表現した “V PROGRESS” グラフィック。着用する選手やサポーター自身から見ると前向きの矢印になり、どんな時でも一丸となって挑戦し、前に進み続けるスピリットを表現。
  • 首の中央にはV形状のリブでヴェルディのアイデンティティを表現。
  • 背中上部と枠はグリーンの濃淡が映える無地の切替えでオーセンティックなスタイルを演出。袖口は太いゴールドのリブでアクセントを効かせたデザインです。

FC町田ゼルビア

町田ゼルビア公式サイト

【サプライヤー】

  • アディダス

【デザインコンセプト】

  • クラブカラーのゼルビアブルーとJ1定着への強い覚悟を表したネイビーのストライプデザインを採用。
    縦に速いスピード感のある攻撃と、柵や格子のような敵を寄せ付けない守備力をストライプ柄で表現。
    攻守共にアグレッシブなFC町田ゼルビアのサッカーをユニフォームデザインに落とし込みました。

川崎フロンターレ

川崎フロンターレ公式サイト

【サプライヤー】

  • プーマ

【ユニフォームコンセプト】

  • 2024シーズンの川崎フロンターレユニフォームは、ホームタウンである川崎市の市制100周年をセレブレイトするオリジナルデザイン。2014年の市制90周年のユニフォームデザインをオマージュし、川崎市の市章を配置したチェック柄を全面に採用。
  • 首元と袖口には川崎市のロゴマークで使用されている赤、緑、青の3色のボーダーを配置。ホームタウンである川崎市とともに未来へ前進するクラブの姿勢を表現したデザインとなっています。

価格:17,600円(送料無料)

横浜F・マリノス

横浜F・マリノス公式サイト

【サプライヤー】

  • アディダス

【ユニフォームコンセプト】

  • 1stユニフォーム
    • クラブの伝統、アイデンティティー、そしてシンボルでもある誇り高きトリコロールを身にまとって戦う選手たち。
    • 袖と首元には、その選手たちを支えるファン・サポーターの溢れんばかりの思いが沁み込んだ三つ編み状のトリコロールのミサンガを表現した。
    • シンプルでクリーンなロイヤルブルーのユニフォームに、F・マリノスの強さと美しさを表現した象徴的なディテールを施すことによって、ファン・サポーターの熱い思いを表現し、ピッチで躍動する選手たちと融合させる。
  • 2ndユニフォーム
    • “マリノス(MARINOS)とは、スペイン語で「船乗り」のこと。”
    • かつての船乗りたちのスタイルをインスピレーションに、ユニフォームにはシンプルなバーティカルストライプスを採用。
    • マリンファッションスタイルの定番であるホリゾンタルストライプスの代わりに、あえてバーティカルストライプスを採用することで、爽やかさや上品で洗練されたイメージを、ホームタウンに吹く海風や、港町の醸し出す上品な印象と重ね合わせている。

価格:18,700円(送料無料)

湘南ベルマーレ

湘南ベルマーレ公式サイト

【サプライヤー】

  • PENALTY

【ユニフォームコンセプト】

  • ひとつの勝利のために、湘南の全てを賭ける。総動員で、目の前の戦いに挑む。持てる要素を集結し、高みを目指す。
  • 1stユニフォームはあたらしいうみへと波をかき分け進む航跡を、
  • 2ndユニフォームはホームタウンの山々をイメージした等高線を、
  • 湘南の海/山 全ての要素を表現しました。

アルビレックス新潟

アルビレックス新潟公式サイト

【サプライヤー】

  • アディダス

【ユニフォームコンセプト】

  • ひとつずつ、一歩ずつ、一人ずつという意味をあらわす言葉「ONE by ONE」。年月をかけて積み重ねてきたクラブの歴史、選手たちのプレースタイル、そして新潟のためにできることを、新シーズンもひとつずつ、着実に積み上げていきます。

【デザイン】

  • 1st、2ndユニフォームのデザインは日本海に打ち寄せる波をイメージ。一つひとつの波が一日ずつ時をかけて美しい砂浜を形づくるように、オレンジ・ブルーのユニフォームに袖を通す一人ひとりが、一歩ずつクラブの歴史を築いていく姿を表現しています。

ジュビロ磐田

ジュビロ磐田公式サイト

【サプライヤー】

  • Admiral

【デザインコンセプト】

  • ジュビロ磐田のホームタウン遠州地域ゆかりの遠州縞をジャガード編みで表現し、アドミラルの生まれであるイングランド発祥のギンガムチェックを組み合わせました。
    新たな歴史へ襟を正し、強く愛されるクラブへと進化を続けていく想いを込めています。

価格:19,250(送料無料)

名古屋グランパス

名古屋グランパス公式サイト

【サプライヤー】

  • ミズノ

【デザインコンセプト】

  • 新たなエンブレムを中心にグランパスファミリーの情熱が周囲を巻き込み、頂きに力強く向かっていく風・上昇気流を生み出す様子を表現。
  • 胸の中央には情熱の源泉となるグランパスのDNA「Never Give Up for the Win」を刻んでいます。 2024シーズンからは、シャチの身体的な特徴をデザインに取り入れたオリジナルフォントのネーム&ナンバーを採用。オリジナルナンバーには、新エンブレムの中心に据えられた「シンボル」を配置し、勝利のために諦めずに闘うメンタリティを表現しています。

価格:11,220(送料無料)

京都サンガF.C.

京都サンガ公式サイト

【サプライヤー】

  • プーマ

【デザインコンセプト】

  • FOREVER.KYOTO.
  • 24年シーズンのユニフォームは、京都の伝統工芸のひとつである組子細工からインスピレーションを得たオリジナルデザイン。新たなものの創造や成長をイメージする三角形を、幾何学模様のテキスタイルで3色のパープルを用いてグラフィック化。
  • 京都サンガF.C.に関わる全ての人の思いが折り重なり、様々な形に変化し、成長していく無限の可能性を表現しています。また、首元や袖口に飽くなき勝利への情熱を表現するレッドをあしらいました。

ガンバ大阪

ガンバ大阪公式サイト

【サプライヤー】

  • hummel(ヒュンメル)

【デザインコンセプト】

  • FPの1stユニフォームは、チーム伝統の青と黒のストライプでありながらも、黒を基調としたシンプルなデザインに。ボディのブラックには、未来への広がりを意味し、ヒュンメルを象徴するシェブロンラインをシャドウでデザインし、その光沢のある黒地に、青の細いストライプを6本配置。このラインは、ガンバ大阪が目指す、「日本を代表するスポーツエクスペリエンスブランド」になるための6つのテーマ(PLAY/SUPPORTERS/ACTION/COMMUNITY/EXPERIENCE/CULTURE)を象徴させました。胸の中央に高級感のあるポリクレストワッペンのエンブレム、襟部にはクラブのテーマ「BE THE HEAT , BE THE HEART」を配置し、襟裏には選手たちが2024年シーズンにトレーニングなどで着用するアイテムにデザインしたヒュンメルオリジナルのフラワーグラフィックを採用しました。
  • FPの2ndユニフォームは、ホワイトをベースに、ガンバ大阪の青い炎とヒュンメルのシェブロンラインを組み合わせたオリジナルグラフィックを全面に配置。さらに、黄金にきらめく炎をイメージしたラインをその柄に重ねることで、今まさに燃え盛る青い炎を静かに表現しました。

セレッソ大阪

セレッソ大阪公式サイト

【サプライヤー】

  • プーマ

【デザインコンセプト】

  • FOREVER.CEREZO
  • 2024シーズンのセレッソ大阪のユニフォームは、クラブの象徴である桜をモチーフとしたオリジナルデザイン。ユニフォームのアイデンティティでもあるストライプ柄をアレンジし、放射線が束となり桜の花弁を描く独創的なグラフィックを採用。シャツだけでなくパンツとソックスにもセレッソピンクを大胆に配色することで、セレッソファミリーの確固たる団結を表現したデザインとなっています。

価格:17,600円(送料無料)

ヴィッセル神戸

ヴィッセル神戸公式サイト

【サプライヤー】

  • アシックス

【デザインコンセプト】

  • 全ての想いを決意に変えて
  • 左裾から右肩にかけて黒く深い色へと変わるドットグラデーション柄を採用
  • 想いを込めた一つ一つの声が、トモニ歩んできたその一歩一歩が、重なり合い、一つになることで揺るぎない確固たる決意へと変わる様を表現
  • ユニフォーム中央には今シーズンもホームタウンの神戸をモチーフにしたデザインを配置
  • 三度目となる神戸からアジアへの挑戦をファン、サポーターの想いを結集させて戦い抜きます
  • 歓喜も悲哀もクラブのこれまで全てを一つ残さず力に変えて、2024シーズン、アジアの頂を目指します

価格:15,070円(送料無料)

サンフレッチェ広島

サンフレッチェ広島公式サイト

【サプライヤー】

  • 株式会社ナイキジャパン

【デザインコンセプト】

  • クラブの歴代のユニフォームやホームタウンのスタジアム・雰囲気からインスピレーションを得て、象徴的なカラーを基調とし、Nike独自のデジタルという新しいフィルターを通して現代風(モダン)にアレンジしたグローバルクリエイティブデザインを採用しています。
  • 広島は市内に6本の美しい川が流れることから「水の都」と呼ばれ、クラブエンブレムにその6本の川がデザインされています。2024年の1stユニフォームは、そのグラフィックからは川の流れと奥深い水の動きを連想できるグローバルクリエイティブデザインを採用しました。

価格:15,290円(送料無料)

アビスパ福岡

アビスパ福岡公式サイト

【サプライヤー】

  • YONEX

【デザインコンセプト】

  • 選手とサポーターが共にスタジアムをアビスパ一色に染めるユニフォームデザインです。
  • 玄界灘のごとく濃く深い紺色は、さらなる高みを目指して戦う勝利への執念の深さを表現しています。ネイビーの同色でデザインした幾何学パターンは、蜂の巣模様がモチーフです。 クラブと、サポータ、地域がつながる、「結束」の証を表現しています。
  • シルバーの背面首元のワンポイントデザインには、ホームタウン「FUKUOKA」を表すシンボルマークとして、博多織の代表的な博多献上模様と、差し色には先人へのリスペクトとして、アビスパ福岡の前身である藤枝ブルックスの藤色を継続しています。

サガン鳥栖

サガン鳥栖公式サイト

【サプライヤー】

  • New Balance

【デザインコンセプト】

  • Theme:[Life at the intersection -ファッション×スポーツの融合・交差点]
  • PERFECT HARMONY:自然・伝統工芸・タイムレスからみえる 長く続く調和がとれたデザイン
  • RE-IMAGINED:アイコンを連続することで美しくを表現

価格:13,090円(送料無料)

J2

ベガルタ仙台

ベガルタ仙台公式サイト

【サプライヤー】

  • アディダス

【デザインコンセプト】

  • 復活~REVIVAL~
  • 2024シーズンは天の川と星の輝きを表現したユニフォームを着用。1stユニフォームのパンツには従来のブルー、2ndユニフォームのボディには2016シーズン以来のブルーを採用しました。
  • 背中の首元に長年使用していたブランメルとベガルタを表す星のデザインを復活させ、左の裾にはクラブ創立30周年ロゴをゴールドであしらいました。
  • このユニフォームをまとった選手たちがピッチ上で躍動し、節目のシーズンにクラブとしての輝きを取り戻し、J1昇格を成し遂げるという強い想いを込めました。 

ブラウブリッツ秋田

【サプライヤー】

  • ATHLETA

【デザインコンセプト】

  • 2024シーズンのブラウブリッツ秋田ユニフォームは、秋田に伝わる三湖伝説にまつわる「龍」の、鱗のようなダイヤ型のモチーフが連なり、ゴールに向かって舞うデザイン。
    ブルーとゴールドの細いラインは、一体となって進み続ける強い意志を表現するとともに、
    鱗の中には日本海・鳥海山・竿燈・花火など、秋田らしさ溢れる模様を詰め込みました。
    秋田がまさに一体となり、その力がブラウブリッツ秋田の勝利に繋がる、という願いが込められています

モンテディオ山形

モンテディオ山形公式サイト

【サプライヤー】

  • PENALTY

【デザインコンセプト】

  • クラブの歴代のユニフォームに受け継がれてきた象徴的なカラーとグラフィックを基調としつつ、今までにない大きな印象の変化をもたらすデザインを採用しました。
  • 【1stユニフォーム】白色のボディに青色のストライプで表されるユニフォームは、エンブレムのコンセプトともされているように、雪の合間をぬう最上川の悠々たる流れをイメージした、“雪国クラブ”のアイデンティティを表現しています。
  • 【2ndユニフォーム】赤から黄色へのグラデーションは、県花の「紅花」をモチーフとしており、出羽三山をイメージした独特なデザインを使用。このユニフォームは山形のアイデンティティを表現しています。

いわきFC

いわきFC公式サイト

【サプライヤー】

  • アンダーアーマー

【デザインコンセプト】

  • 今シーズンの1stユニフォームは、クラブのVIの一部でもある「Growin’ Slash(グローイングスラッシュ)」をシャツ全体に配し、復興から成長へと歩みを続ける地域とともに力強く上昇していくチームの姿を表現しています。
  • 2ndユニフォームには、今シーズンも「フラシティいわき」のロゴに使用されている柄を採用。また、肩には「戦いでの勝利のジェスチャーをもとにした踊り『ファイヤーナイフダンス』」からインスピレーションを得た炎のデザインを採用しました。

水戸ホーリーホック

水戸ホーリーホック公式サイト

【サプライヤー】

  • SoccerJunky

【デザインコンセプト】

  • 30周年イヤーとなる2024年シーズンで新たに「ボーダー柄」を採用。
  • クラブ創立から様々な苦労を重ねてきた30年を表現したボーダー柄は、地域に対して新しい原風景を見せることを約束しているクラブが、常に新しい挑戦をしていく姿勢を表しています。
  • また、襟や袖口に採用したホームタウンの伝統カラーでもある「水戸黒」は、黒のイメージでもある自信や威厳を感じさせつつ、歴史を紡ぎながら自立と規律を持ち合わせた集団であることを意味します。さらに丸首を採用したユニフォームの襟首には、ホームタウンを表現した15本の白いラインが施されており、15市町村の一体感をデザイン。 選手たちが地域の想いを背負ってピッチで戦っていくという強い決意を込めました。

栃木SC

栃木SC公式サイト

【サプライヤー】

  • ATHLETA

【デザインコンセプト】

  • Field Player 1st Model
    • 胸に通った太いラインは結束の象徴
    • 選手、スタッフ、サポーター全てが一体感を持ち挑戦しアグレッシブに戦う、それが栃木SC
    • イエローのベースデザインは雷を連想した幾何学模様
    • 太さの異なる斜めライン柄で躍動感を表現
  • Field Player 2nd Model
    • 袖、パンツ、スポンサーロゴにブラックを使用し全体としてモノトーンの配色で力強さを表現
    • 首元には差し色でイエローを使用し背面中央に雷をイメージしたイエローライン

価格:15,400円(送料無料)

ザスパクサツ群馬

ザスパクサツ群馬公式サイト

【サプライヤー】

Kelme

【デザインコンセプト】

  • シンボルデザインのコンセプトである湯気の3本ラインと雷を掛け合わせたモチーフを全面に配置し、新エンブレムとの一体感を表現。アイデンティティである温泉パワーと雷霆のスピードを身にまとい2024シーズンを走り抜きます。

ジェフユナイテッド市原・千葉

ジェフユナイテッド市原・千葉公式サイト

【サプライヤー】

  • hummel

【デザインコンセプト】

  • 「ジェフイエローの継続」「ジェフオリジナル番号フォントの復活」に加え、「TWO AS ONE」をコンセプトとしてデザイン。ファン・サポーターとクラブ、地域とクラブ、子どもたちとクラブなど、様々な関係性がジェフユナイテッド市原・千葉のもとに集まり、一体感を高めていくという意味合いに。
  • イエロー、グリーン、レッドのラスタカラーをボーダー状に配置し、未来への広がりを意味するシェブロンラインを裾から首元にかけて、胸部を突き破るようにデザイン。クラブが限界や現状を超えて成長していくことを表現しました。
  • また、襟元には選手たちが2024年シーズンにトレーニングなどで着用するアイテムにデザインされるフラワーグラフィックに、クラブや地域の象徴である「菜の花」を加え、ジェフユナイテッド千葉とヒュンメルも1チームで進んでいくことを表しています。

価格:19,250円(送料無料)

横浜FC

横浜FC公式サイト

【サプライヤー】

  • プーマ

【デザインコンセプト】

  • 2024シーズンの横浜FCのユニフォームは、世界でも限られたチームのみが採用しているグローバルデザインプログラムから、クラシックなストライプモチーフのデザインパターンを採用。太さが異なるストライプはクラブの歴史の積み重ねを連想させるとともに、クラブとサポーター、ホームタウン、横浜FCに関わる全ての人が寄り添いながら進んでいく姿を現しています。
  • 横浜FCのクラブカラーであるHAMABLUEを基調としたデザインに仕上げています。

価格:17,600円(送料無料)

ヴァンフォーレ甲府

ヴァンフォーレ甲府公式サイト

【サプライヤー】

  • ミズノ

【デザインコンセプト】

  • 2024シーズンユニフォームのデザインコンセプトは”百花繚乱”、全体に散りばめられた武田菱は選手・スタッフ・サポーターを表し、さまざまな力が咲き誇り、ヴァンフォーレ甲府が躍進していく姿を表現しています。

清水エスパルス

清水エスパルス公式サイト

【サプライヤー】

  • プーマ

【デザインコンセプト】

  • 日本一高い山「富士山」と、日本一深い湾「駿河湾」に囲まれる恵まれたエリアを拠点とする清水エスパルスの、ホームスタジアムからの素晴らしい景観を表現するデザインとなっています。裾に向かって濃くなるグラデーションは、ホームタウン静岡に多くの恵みをもたらす駿河湾の深さを表現しています。美しい富士山と駿河湾の鮮やかなコントラストを、高さと深さを表現するライングラフィックで表し、このグラフィックは中心でV ラインになっており、V 字に上がる上昇感とビクトリーを表します。また、異なる太さのラインの連続により、ピッチ内で攻守にハードワークする選手の躍動感もイメージしています。
  • 襟や袖に配色されたディープシーブルーが全体のイメージを引き締めます。フロント裾には、清水エスパルスサポーターのアイデンティティであるエンブレムの「地球儀」と、富士山の標高「3,776m」、駿河湾の水深「2,500m」の数字をデザイン。ピッチ上の選手がスタイリッシュに着こなせる、洗練されたユニフォームデザインに仕上げました。

価格:17,600円(送料無料)

藤枝MYFC

藤枝MYFC公式サイト

【サプライヤー】

  • gol.

【デザインコンセプト】

  • 藤枝MYFCから発せられる「サッカーや地域貢献に対する熱い想い」が、ホームタウンの皆様へ波紋のように広がっていく。
  • そして、その中にある1つ1つの点が繋がり、新たな交流や絆を生み出し、今までにない楽しさ・感動を関わっていただいた方全てと共有していきたい。

ファジアーノ岡山

ファジアーノ岡山公式サイト

【サプライヤー】

  • 株式会社ウインスポーツ『PENALTY』

【デザインコンセプト】

  • 『うねり/流動』
  • 今シーズンの1stユニフォームのデザインコンセプトは『うねり/流動』。流動的に常に変化するフットボールをマーブルパターンで表現しました。選手・サポーター・クラブを取り巻く様々な思いを掛け合わせ、勝利へのパワーを増幅させます。
  • 2ndユニフォームは縁起の良い日本の伝統的な市松模様を、スピード感のあるタッチで表現しました。
  • GKユニフォームは、いずれもフィールドプレーヤーと同デザインとし、1stユニフォームは「晴れの国おかやま」の陽の光をイメージした鮮やかなイエローをベースとし、2ndユニフォームは岡山に伝わる桃太郎伝説から着想し、初めてピンクを採用しました。

レノファ山口

レノファ山口公式サイト

【サプライヤー】

  • Finta

【デザインコンセプト】

  • これまでと一線を画す、まさにRENOVATIONを図ったデザイン。地域と共に新しい価値を創造したい!全身揃えたカラーリングALL山口を今までよりもより強調したものに。
  • チームもこれまで幾多の苦難を払拭し乗り越えてここまで上がってきた。そしてこれからも進化し続けなければならない。
  • 山あり谷あり簡単では無いが一丸となって登っていく様を右肩上がりのジグザグ幾何学柄によって表現しました。

愛媛FC

愛媛FC公式サイト

【サプライヤー】

  • サッカードットコム株式会社:JOGARBOLA

【デザインコンセプト】

  • コンセプトはクラブビジョンである「愛媛から紡ぐ」。
  • 複数のオレンジが織り出されたデザインにより、クラブ・ファン、サポーター・企業・ホームタウンといった愛媛FCファミリーの想いが結集して戦うクラブの歩みを表現しました。上部へ行くほど色味が濃く深くなるグラデーションは、昨季J3リーグ優勝を果たし今季はさらなる高みを目指す「上昇・成長」の意志が込められています。そして、背面には今シーズンも引き続き愛媛県形のシェイプを入れています。今年で19年目を迎えるJリーグでの愛媛FCの戦いを、これまで支え続けていただいた愛媛県全県民の皆様への感謝の想い、そしてホームタウンである愛媛県全域20市町の方々の希望と期待を背負い戦う情熱を表しています。

徳島ヴォルティス

徳島ヴォルティス公式サイト

【サプライヤー】

  • ミズノ

【デザインコンセプト】

  • クラブ設立20周年を迎える記念のシーズンを戦うユニフォームとして、前面と背面に藍染の濃淡でTOKUSHIMA VORTISの頭文字「T」「V」をデザインすることで、クラブのアイデンティティを表現しています。
  • 背景には力強い鳴門の渦潮を、 左袖にはクラブカラーの「VORTIS GREEN」を差し色として入れました。

価格:22,000円(送料無料)

V・ファーレン長崎

V・ファーレン長崎公式サイト

【サプライヤー】

  • macron

【デザインコンセプト】

  • クラブ創設時から「長崎にJクラブを」という夢を掲げ、2012年にJFLで優勝しJリーグ参入を遂げたV・ファーレン長崎。
  • 参入初年度から諫早市 トランスコスモススタジアム長崎で戦って11年が経ちました。
  • 2024年10月、ホームスタジアムを移転。トラスタの愛称で親しまれたこのスタジアムこそが、私たちのJリーグでの歴史の始まり。ここで共に戦ってきた11年の想い、感謝と誇りを胸に、戦おうという想いを込めて。
  • ホームユニフォームは、トラスタ、Jリーグ参入初年度の2013シーズンのユニフォームをオマージュ、アウェイユニフォームは、ホームスタジアム トラスタの屋根のデザインになっている長崎の教会建築をモチーフにした表現しています。

ロアッソ熊本

ロアッソ熊本公式サイト

【サプライヤー】

  • プーマ

【デザインコンセプト】

  • 2024年シーズンのロアッソ熊本のユニフォームはPUMAのオリジナルユニフォームカスタマイズシステムのPUMA TRIBESから新モデルの「フラッシュ」と「チェッカーハーフ」を採用。
  • フィールドプレーヤー1st&ゴールキーパー2ndに採用されている「フラッシュ」モデルは同色の濃淡を使い光の「煌きと閃光」を表現したデザインとなっており、ピッチの選手たちのプレーから発せられる「煌きと閃光」、それを見た人たちが瞬間的に受ける「衝撃」を表現しています。
  • フィールドプレーヤー2nd&ゴールキーパー1stに採用されている「チェッカーハーフ」モデルはハーフトーンのチェック柄をデザインした独創的なデザインパターンとなっており、チーム、パートナー、地域、サポーターが織りなす強い絆を表現しています。

価格:20,900円(送料無料)

大分トリニータ

大分トリニータ公式サイト

【サプライヤー】

  • プーマ

【デザインコンセプト】

  • 世界でも限られたチームのみが採用しているグローバルデザインプログラムから、うねりを表現した独創的なストライプ柄を採用。
  • 1stユニフォームは、クラブの象徴的なブルーをベースに、袖口やロゴにイエローを配色。大分トリニータ30周年記念ロゴを胸の中央に纏い、皆さまと共に戦います。

価格:20,900円(送料無料)

鹿児島ユナイテッドFC

鹿児島ユナイテッドFC公式サイト

【サプライヤー】

  • ANGUA

【デザインコンセプト】

  • 2024シーズンのトップチームのユニフォームは10周年を記念して制作。
  • テーマは、鹿児島市の「桜島」。

J3

ヴァンラーレ八戸

ヴァンラーレ八戸公式サイト

【サプライヤー】

  • hummel

【デザインコンセプト】

  • 「八幡馬」
  • 青森県八戸市を中心とする南部地方で古くから作られている木彫り馬の郷土玩具・民芸品「八幡馬」がモチーフ。
  • 八幡馬は、千代紙部分の模様を手描きで八戸に縁あるものを彩飾します。割菱(武田菱)や向い鶴(南部鶴)の家紋や安房宮(あぼうきゅう・菊)、蕪島のうみねこなどを模様化し馬体に描き、民芸品としての伝統を残しつつも郷土八戸を凝縮した八幡馬となります。
  • デザインには、割菱、向い鶴、菊、うみねこの4つの柄を右肩上がりのストライプに表現しました。
  • 2024シーズンJ3優勝を目指し、「全緑疾走」チーム、ファン・サポーターと共に「駿馬の如く緑のピッチを駆けぬけよう」と思いを込めました。

いわてグルージャ盛岡

いわてグルージャ盛岡公式サイト

【サプライヤー】

  • KELME

【デザインコンセプト】

  • いわてグルージャ盛岡は2024シーズンにクラブ創設より20年、Jリーグ加盟からは10年目のシーズンを迎えます。
    このメモリアルなシーズンに、クラブスローガンの「ICHIGAN(一岩)」の想いと共に最後まであきらめずに戦い勝利を掴むため、クラブカラーである「ホワイト、レッド、ブラック」を基本とした様々な色が混じりあい力を合わせて進むことをユニフォームで表現しました。
  • 【カラーリング】
    • 南部鉄器のような力強さを表す「黒(パワー)」
    • 厳しい冬を乗りこえ鍛えられた精神「白(フェア)」
    • 決してあきらめない闘争心「赤(パッション)」
    • 誠実さを感じさせる「ミントブルー(オネスティ)」
    • 上昇する意志の強さを表す「イエロー(マインド)」
  • 脇のラインはさらに上を目指すというモチーフと、左袖口には20個の星を配し、20周年に至るまでに積み上げた歴史の煌めきを表現しています。

福島ユナイテッドFC

福島ユナイテッドFC公式サイト

【サプライヤー】

  • hummel

【デザインコンセプト】

  • REBORN
  • 2024シーズンは、エンブレムの中心であるフェニックスを大胆に採用しました。
  • このユニフォームをまとった選手、サポーターが福島のパワーを集結させて勝ちを積み重ね、最後は不死鳥のごとく強く羽ばたきJ2昇格を成し遂げるという強い思いを込めました。

大宮アルディージャ

大宮アルディージャ公式サイト

【サプライヤー】

  • アンダーアーマー

【デザインコンセプト】

  • 2024シーズンのユニフォームは、大宮アルディージャのシンボルであるチェック柄が掠れるぐらいに「我武者羅」(がむしゃら)に食らいついて戦う様を表しています。また、ラグランスリーブにネイビーは逞しさと力強さを持ちサポーターとの結びつきをより強固なものにすることで、一体となって戦いに挑み貪欲に勝利を掴み取ろうとする「強い意志」をイメージしています。

Y.S.C.C.横浜

Y.S.C.C.横浜公式サイト

【サプライヤー】

  • ボネーラ

【デザインコンセプト】

  • 港町・横浜の海は差し込む朝陽によって様々な色に変化する模様を、様々なブルーを使い、融合されたイメージをデザインで表現。
  • また、ユニフォーム裾部分には横浜本牧にある国指定名勝 三溪園をデザイン。
  • 歴史ある三溪園の様に、Y.S.C.C.も新たな歴史を一つ一つ創っていきます
  • 同系色でまとまったカラーリングは、Y.S.C.C.を表現する上で、横浜市の調和を意味する、ハッキリと主張のある一枚に仕上がっております。

SC相模原

SC相模原公式サイト

【サプライヤー】

  • アンブロ(umbro)

【デザインコンセプト】

■ENERGY

  • 昨シーズンに得た経験と成長を追い風としてはためくフラッグの形を組み合わせてつくったオーラのモチーフがチームの情熱とサポーターの絶え間ない声援によって高まり続けるスタジアムのENERGYを、袖に施されたゴールドの縁どりが困難に立ち向かう勇気と常に高みを目指す挑戦心を象徴しています。
  • ホームタウンと共に戦うチームとしての一体感をデザインに込め、ユニフォームそのものが「SC相模原が未来に向けて希望をもって進化する」というメッセージを発信しています。

松本山雅FC

松本山雅FC公式サイト

【サプライヤー】

  • アディダス

【デザインコンセプト】

  • 新シーズンのユニフォームコンセプトは「雷鳥」。
  • 松本山雅FCのクラブエンブレムでも表現され、象徴でもある「雷鳥」。そして松本山雅FCを語るうえで欠かせないもう一つの象徴であるサポータの愛称も「ptarmigans」(雷鳥)。
  • 雷鳥の特徴的な模様や色彩を取り入れ、胸元へ大胆にデザイン。
  • 必要な時には大きく羽ばたくとされる雷鳥の姿を連想させると同時に、常に地域の大きな期待とサポーターの想いを胸に抱きながら、共に頂を目指してプレーするという意思を表現しています。
  • また、アクセントとして使用しているレッドカラーは、選手やサポーターの「情熱」を表現。強くなること、そしてピッチ上で勝利にこだわり全力で戦う姿勢を表現することを誓うため、随所に配置しています。

AC長野パルセイロ

AC長野パルセイロ公式サイト

【サプライヤー】

  • ペナルティ

【デザインコンセプト】

  • 2024シーズンのユニフォームデザインコンセプトは「長野の誇りを身に纏い、地域の皆様と共に闘う」です。
  • ホームタウン16市町村と、北信地域・長野らしい美しい山並みを16本のネイビーのラインで力強さと躍動感を表現。また、襟裏に描かれた「獅子よ千尋の谷を駆け上がれ」のメッセージ。右袖のNAGANOの文字で、ホームタウンの皆様、サポーターの皆様と共に、一丸となって闘う強い意志を表現しています。

カターレ富山

カターレ富山公式サイト

【サプライヤー】

  • Goldwin

【デザインコンセプト】

[TOYAMA] BASE OF PRIDE|誇りの根底にあるもの

1stユニフォームは、3,000m級の山々が連なる立山連峰から水深1,000mを越える富山湾まで、起伏に富んだ富山の地形を、等高線で迷彩柄にアレンジし『強さ』を表現しました。FPはカターレブルー、GKはレッドのワントーンに。

2ndユニフォームは、2024年も剱岳の雄姿を強く打ち出したデザイン。険しい山肌をワイヤー構造で表現。FPはホワイト、GKはグレー。

剱岳のシャープさが際立つグラフィックでアウェーの地でも選手を鼓舞します。

ツエーゲン金沢

ツエーゲン金沢公式サイト

【サプライヤー】

  • hummel

【デザインコンセプト】

  • 「Draw a DREAM」
  • クラブ名「ZWEIGEN」の「Z」であり、新スタジアムの屋根の形でもある「Z」をグラフィカルに全面にデザイン。この「Z」は、県鳥であり、クラブのマスコットのモチーフでもある犬鷲が滑空する軌跡も重ねてイメージされ、選手たちがピッチで躍動する姿を表現している。 また、襟元にはクラブ理念「挑戦をこの街の伝統に。」のマークがプリントとされ、エンブレムは凹凸による高級感が感じられるポリクレストワッペンを採用している。

アスルクラロ沼津

アスルクラロ沼津公式サイト

【サプライヤー】

  • PENALTY(株式会社ウインスポーツ)

【デザインコンセプト】

  • 静岡を象徴する、実り多き駿河湾。
  • 時に穏やかに、時に荒々しいその波間をいつの日か世界を目指す、日本の誇りでありたいという気持ちを込めジャパニーズスタイルで表現しました。
  • 多彩なブルーを取り入れた深みのあるデザインです。

FC岐阜

FC岐阜公式サイト

【サプライヤー】

  • RAZZOLI

【デザインコンセプト】

  • デザインとして刻まれている縦のラインは、縄を最大12本使って漁を行う岐阜県伝統文化である「鵜飼」で使われる手縄をモチーフにしました。「ピッチで戦う11人」と「サポーター」が勝利に向けて、強くつながることを表現しています。そして袖と脇のラインを黒で引き締めることで、シンプルでありながら力強いデザインとなっています。

FC大阪

FC大阪公式サイト

【サプライヤー】

  • bonera(ボネーラ)

【デザインコンセプト】

  • 2024年シーズンは、「モノづくりのまち 東大阪」を象徴とする「歯車」をユニフォームにあしらいました。
  • これは、クラブ、チームだけでなく、東大阪の街の皆様や、クラブを応援してくださる皆様の熱い気持ちを歯車の1つに捉え、1つ1つの歯車を噛み合わせてチームに大きな力を与えるとともに、皆様と一緒に大きな力をもって絶対にJ2へ昇格するという気持ちをデザインに込めました。

奈良クラブ

奈良クラブ公式サイト

【サプライヤー】

  • スクアドラ

【デザインコンセプト】

  • 「さらなる高みへ!」
  • 2024シーズンは改めてJ2昇格に挑む一年となります。
  • 私たちは、より一層「奈良一体」となり、皆さまと力を合わせて前に進んでいかなければなりません。
  • 奈良クラブは「サッカーを通じて奈良の未来を共に創る」活動に取り組み、県内すべての市町村で地域住民の皆様と交流を図りながら、まちづくりやまちおこしに寄与していく「39市町村応援プロジェクト」を推進してまいりました。
  • その一環として2024シーズンは、39市町村のすべての名称をデザイン化し、ユニフォームに刻み込みます。
  • 奈良のすべての力を身にまとい、奈良一体となって戦うユニフォームです。
  • 39市町村の名称は、古代に使われていたと言う文字を用いていにしえの印のように図案化しました。また、生地のベースには鹿や鳥、花、金魚などの様々なモチーフを円形に組み合わせた正倉院文様風の柄を全体に敷き詰め、奈良らしさを演出しています。
  • さらなる高みを目指し、奈良の全力で共に戦いましょう!

ガイナーレ鳥取

ガイナーレ鳥取公式サイト

【サプライヤー】

  • Soccer Junky

【デザインコンセプト】

  • 今シーズンも伝統のクラブカラーは継承し、 ジオメトリック柄を採用し4色の色合いを用いてサポーター、ファン、スポンサー、地域を意味合いとして表現しました。
  • 直線や曲線を使って規則的に描かれた柄ではありますが、 それぞれの思いが1つになり、ピッチで選手が沢山の想いを背負って戦う気持ちを込めております。

カマタマーレ讃岐

カマタマーレ讃岐公式サイト

【サプライヤー】

  • なし

【デザインコンセプト】

  • IDENTITYの証明。
    • 讃岐にとって私たちは何者なのか?
    • 私たちはこの10年、強く明るい空から、暗い鈍色の空まで、ピッチ上で様々な空を見上げてきた。そんな目まぐるしく変わる10年間でも、変わらなかったものがある。
    • それは、讃岐の仲間たちとの強い絆だ。
    • 私たちは今こそ、共に、前途を照らす一点の光明を走り抜け、サックスブルーの空を見上げる。
    • そして、証明する。私たち(サックスブルー)こそが、讃岐のIDENTITYであることを。

FC今治

FC今治公式サイト

【サプライヤー】

  • 加茂商事株式会社、umbro

【デザインコンセプト】

  • 2024シーズンは「今治らしく、力強く荒波を乗り越え航海へ」をコンセプトに、チームが大海の荒波を切って進み、新たな世界に漕ぎ出す力強さを、2種類のオリジナルストライプに込めて表現しました。

ギラヴァンツ北九州

ギラヴァンツ北九州公式サイト

【サプライヤー】

  • 加茂商事株式会社、umbro

【デザインコンセプト】

  • デザインコンセプトは『絆・一体感・歴史』
    • 北九州市の旧5市(小倉・門司・戸畑・若松・八幡)を5本の赤い線で表現し、左胸のギラヴァンツのエンブレムにかかることで、街との絆・一体感を示しています。旧5市が持つそれぞれの歴史と思いを背負って、ホームタウン北九州を代表して戦います。

テゲバジャーロ宮崎

テゲバジャーロ宮崎公式サイト

【サプライヤー】

  • ヨネックス

【デザインコンセプト】

  • 2024シーズンクラブビジョン推進パートナーZOZO様に、ユニフォームの制作にあたりご指導をいただきました。
  • 1stユニフォームの途切れることなく、どこまでも続いて行くこの柄は「発展」と「繁栄」の意味を込めました。また、クラブ、ホームタウン、サポーター、一つ一つが繋がり、どんな形になろうと離れることのない一体感を表現しています。
  • 2ndユニフォームはチームカラーの3色を重ね合わせると黒になります。アウェイで着ることになる2ndユニフォームは遠くで戦っていても、サポーターやホームタウンからの想いなど、色々な力が合わさり選手たちの力になって欲しいという願いを込めております。

FC琉球

FC琉球公式サイト

【サプライヤー】

  • 株式会社イミオ(SFIDA)

【デザインコンセプト】

  • 創設から20年の節目を超え、サッカーの垣根を越えてブランドを展開していくという新たなテーマと新しいクラブ名称とともにスタートする21年目の歩みに加え、Jリーグに入会して10年目となる新シーズンのユニフォームは沖縄本島に3店舗を構えブランドとしても10年を迎える#FR2が沖縄の文化と自然を表現したユニフォームデザインを担当。
  • 1stユニフォームはクラブカラーのベンガラを基調に、沖縄島の地図とシーサー、ハイビスカスを取り入れたデザイン。
  • キーパーのユニフォームは#FR2のブランドカラーであるイエローをメインに、ベンガラカラーをアクセントに使用。
  • 2ndユニフォームは沖縄の美しい海を彷彿とさせるカラーを採用し、波のストライプ柄を特徴としつつキーパーは全身深い海を連想させるようなネイビーブルーで統一。
  • 海の守り神のごとくゴールを守る役割にもぴったりのユニフォーム。全体的に沖縄の魅力を盛り込んだスタイリッシュなデザインが特徴的で、新たな始まりを象徴した仕上がりです。

価格:22,000円(送料無料)

まとめ

以上全60クラブのユニフォームの紹介でした。

まだ発表されてないクラブは、発表され次第アップしていきます。

皆さんも推しチーム、推し選手を見つけて、応援してみませんか?

2024シーズンの全60チームのスローガン、スタッフ・選手体制は以下で紹介しています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました