PR

【ダービーマッチ特集】イタリア セリエAのダービーマッチ9選

スポンサーリンク

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

サッカー初心者
記事内に広告が含まれています。

*本ページはプロモーションが含まれています

このページでは、イタリアのプロサッカーリーグ、

イタリアセリエAのダービーマッチについて紹介しています。

ダービーマッチはスポーツ界で呼ばれる、ライバルチーム同士の試合、

要するに通常の試合とは違う、選手もサポーターも熱く・激しくなる試合のことです。

まずダービーマッチがわからない!という方は以下をご覧ください。

スポンサーリンク

イタリア セリエA ダービーマッチまとめ9選

ダービー名対戦クラブ
イタリア・ダービー ユヴェントスFC、インテル
ミラノ・ダービーインテル、ACミラン
デルビー・デッラ・カピターレ
(ローマ・ダービー)
ASローマ、SSラツィオ
デルビー・デッラ・モーレ
(トリノ・ダービー)
ユヴェントスFC、トリノFC
デルビー・デッラ・ランテルナ
(灯台ダービー・ジェノバダービー)
UCサンプドリア、ジェノアCFC
ヴェローナ・ダービーACキエーヴォ・ヴェローナ、エラス・ヴェローナFC
ロンバルディア・ダービーACミラン、インテル、モンツァ、ブレシア・カルチョ、アタランタBC
デルビー・デル・ソーレ
(太陽のダービー)
SSCナポリ、ASローマ
カンパニア・ダービーSSCナポリ、USサレルニターナ1919、ベネヴェント・カルチョ

以上9つのダービーの紹介をしていきたいと思います。

細かく見るともっとたくさんのダービーがあるのですが、イタリアセリエAでよく紹介されるダービーとなると、以上の9個に絞られるかなと思います。

どれも熱狂的なダービーとなっています。

どんなダービーか簡単に紹介していきますので、是非ご覧ください。

イタリア・ダービー(インテル 対 ユヴェントス)

イタリアを代表する2チーム、インテルとユヴェントスとの間で行われるダービーマッチ(ナショナルダービー)です。

この呼び名がつけられた経緯は、1967年当時スクデットを10回取って、ラ・ステラの星をつけていたのが、インテルとユヴェントスだけで、この2チームをイタリアを代表する強豪クラブの対戦ということで、両チームの対戦を「イタリア・ダービー」と呼ぶようになりました。

対戦成績は、ユヴェントスが大きく上回っていますが、この2チームの対戦は、手に汗握るような試合展開になる注目の試合となります。

ミラノ・ダービー(インテル 対 ACミラン)

イタリア・ミラノに本拠地を置き、共に同一のホームスタジアムを持つ両チーム、

インテルとACミランの間で行われるローカルダービー(ナショナルダービーの性質も持つと言われています)。

チャンピオンズリーグで優勝経験のあるクラブ同士の、唯一のローカルダービーでもあります。

この2チームが同じ町にあるのですから、何とも贅沢なことです。

8万人収容巨大のスタジアムは、北にインテルサポーターが、南にミランサポーターが集結し、試合当日は何とも言えない雰囲気に包まれます。

両チームの対戦成績は、ほぼ互角に推移しています。

デルビー・デッラ・カピターレ(ローマ・ダービー:ASローマ 対 SSラツィオ)

イタリアの首都ローマに本拠地を置く2チーム、

ローマとラツィオとの間で行われるダービーマッチの事です。

イタリアでは、このダービーが最も激しいローカルダービーと言わています。

両チームのサポーターはかなり熱狂的なことで知られ、数々の暴動や差別的な表現が幾度となく問題視されています。

両チームともに、本拠地は同じスタディオ・オリンピコ。試合当日は北にラツィオサポーター、南にローマサポーターが集結します。

対戦成績は、ローマが優勢となっています。

デルビー・デッラ・モーレ(トリノ・ダービー:ユヴェントス 対 トリノ)

イタリア・トリノに本拠地を構えるサッカークラブ、

ユヴェントスとトリノによって行われるダービーマッチです。

イタリアで最古のダービーマッチと言われています。

クラブの内紛によりユヴェントスを離れた元会長がトリノを創設したため、両クラブの敵対意識はかなり強いものがあります。

近年は成績でユヴェントスが大きくリードしていますが、トリノもセリエA7回優勝の古豪です。

トリノがユヴェントスと同じくらいの戦力をもつようなことが今後起きると、両クラブの試合はさらにヒートアップすることでしょう。

デルビー・デッラ・ランテルナ(灯台ダービー、ジェノバダービー:サンプドリア 対 ジェノア)

港町ジェノバに本拠地を置くジェノアとサンプドリアの対戦です。

ジェノバの港湾地区にある大灯台“トッレ・デッラ・ランテルナ”にちなんで名づけられました。

ここも両チームが同じホームスタジアムとして利用する、スタディオ・コムナーレ・ルイジ・フェッラーリスで試合が行われます。

ジェノアはイタリア最古のクラブの1つで、サンプドリアはイタリアで最も新しいクラブの1つという点。

また、市中心部出身のサポーターが多いジェノアに対し、周辺地域出身のサポーターが多いサンプドリアとライバル意識を焚きつけている理由がいくつか存在しています。

ビッククラブ同士のダービーに比べると盛り上がりは限定地域に限られるが、ジェノバ出身者にとって灯台ダービーは一大イベントとして、盛り上がりを見せる対戦となっています。

対戦成績はサンプドリアが勝ち越しています。

ヴェローナ・ダービー(エラス・ヴェローナFC 対 ACキエーヴォ・ヴェローナ)

このローカルダービーは、エラス・ヴェローナFCと、ACキエーヴォ・ヴェローナの対戦となります。

両チームともに、同じホームスタジアム、スタディオ・マルカントニオ・ベンテゴディを使用しています。

1903年に創設されたエラス・ヴェローナは、昇格と降格を繰り返しているチームですが、1984-85シーズンにセリエA優勝をしています。ここ最近はセリエA中位の成績を維持しています。

1929年に創設されたキエーヴォ・ヴェローナは、2000年代まではセリエBより下のカテゴリーでのプレーでしたが、2001年以降はセリエAに定着し、2005-06シーズンにおいてUEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得するなどの好成績を挙げました。(予選で敗退)2019シーズンからはセリエBでの戦いとなっています。

ロンバルディア・ダービー(ACミラン、インテル、アタランタ、モンツァ、ブレシア)

このダービーは、ロンバルディア地方に本拠地があるチームの対戦の際に呼ばれるダービーとなっています。

ロンバルディア地方にある主なチームは、ACミラン、インテル、アタランタ、モンツァ、ブレシアなどです。

特にアタランタとブレシアが対戦する際にロンバルディアダービーと呼ばれることが多いです。

(ただブレシアはセリエBに在籍することが多くあまり実現しません。)

近年アタランタが力をつけて、ACミラン、インテルに迫る勢いで力をつけてきています。

モンツァも、元ACミランのベルルスコーニがCEOにつき、積極補強をしており、今後楽しみな存在です。

こんなこれから盛り上がりを見せそうなロンバルディアダービー。是非注目して見てください。

デルビー・デル・ソーレ(太陽のダービー:ナポリ 対 ローマ)

イタリア南部のクラブ、ナポリとローマの間で行われるダービーマッチです。

1970年代〜80年代が一番盛り上がりを見せていたが、現在はそこまで注目されたダービーにはなっていない。

近年は両チームとも、復権してきているので、また取り上げられる機会が増える可能性のあるダービーかと思います。

カンパニア・ダービー(ナポリ、サレルニターナ、べネヴェント)

カンパニア州にある地域のチームの対戦の際使われるダービーとなります。

クラブは、ナポリ、サレルニターナ、べネヴェントの3クラブが主となります。

ナポリが近年躍進を続けているので、その他のクラブにも頑張ってもらい、カンパニア州のダービーを盛り上げてもらいたいですね。

まとめ:イタリア セリエAダービーマッチ9選

今回は、イタリア セリエAで開催される歴史のあるダービーマッチ9選を紹介しました。

  1. イタリア・ダービーインテル 対 ユヴェントス
  2. ミラノ・ダービーインテル 対 ACミラン
  3. デルビー・デッラ・カピターレ(ローマ・ダービー)ASローマ 対 SSラツィオ
  4. デルビー・デッラ・モーレ(トリノ・ダービー)ユヴェントスFC 対 トリノFC
  5. デルビー・デッラ・ランテルナ(灯台ダービー)UCサンプドリア 対 ジェノアCFC
  6. ヴェローナ・ダービーACキエーヴォ・ヴェローナ 対 エラス・ヴェローナFC
  7. ロンバルディア・ダービー:ACミラン、インテル、アタランタ、モンツァ、ブレシアの対戦
  8. デルビー・デル・ソーレ(太陽のダービー)SSCナポリ 対 ASローマ
  9. カンパニア・ダービーSSCナポリ、USサレルニターナ1919、ベネヴェントの対戦

以上9個のダービーを取り上げました。

ダービーマッチは、クラブとクラブのライバル意識が両クラブの選手・サポーターを熱くします。

普段とは違う熱狂が、テレビを見ていても伝わってくるので、そういう視点で見る試合を決めるのも面白いかもしれません。

また、イタリアで行われるダービーは特に激しくなるものが多いので、是非一度だのダービーでも良いので、見て見てください!!!

その他の国のダービーもまとめていきますので、是非併せてご覧ください。

イングランドプレミアリーグ

スペインラリーガ

ドイツブンデスリーガ

フランスリーグアン

イタリアリーグ セリエAを視聴するなら、DAZNになります。

もし視聴したい方は、ご検討ください。

DAZN

以上!!!

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました